狭小住宅は、狭くて小さい土地に建てられた住宅になります。狭くて小さい土地に建てられた住宅は当然小さなものですので、圧迫感や狭さを感じやすいことから快適に暮らすためには様々な工夫が必要です。狭小住宅でスペースを最大限に活かせる間取りとしては、空間を仕切らないということがポイントとなります。狭小住宅の間取りで仕切りを多用すると、狭く圧迫感がある空間になってしまいます。

それを避けるためにも間取りではなく、住宅全体を一つの空間と考える方が無難です。仕切りが欲しい時には、家具で仕切ることで狭さや閉塞感を感じにくくなります。住宅が狭いことで気になるのが収納です。住宅にぴったり合う家具を探すよりも、収納を最適化できる造作家具と利用するというのも良いとされています。

既存の家具よりも効率的な収納を行えることができるようになり、物をしまうことが考えやすくなるなどのメリットが得られます。スペースを最大限に活かすなら、デッドスペースも活用できるようにします。階段下にトイレや収納スペースを作る、壁にフックを取り付けるなどの工夫をすることで、すっきり物が片付いた住宅を作れます。住む上で重要なのが、家事や生活動線を意識した間取りにするということも重要です。

家事のことを考えて買い物後にスムーズにキッチンに行けるのか、洗濯後は簡単に干せる場所に行けるかなどのほか、朝忙しい時にトイレ・洗面・食事などを家族がスムーズに移動できるかなど家族全員の毎日の動きを考えることで、理想的な間取りにつながります。狭小住宅の間取りのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です