注文住宅では間取りも自由に決めることができますので、理想的な家づくりを行えます。現実的にできることとできないこととがありますが、できることの範囲内なら色々なプランを試せるのが魅力です。どのようにすれば暮らしやすい家になるのかを考えて家族皆の意見を取り入れることも重要ですし、迷ったら専門家に相談してより良い選択ができるようにすることも忘れてはいけません。ハウスメーカー等では多くのノウハウを持っていて、そのノウハウを駆使しながら依頼主の希望にそえるように対応してくれます。

もっともよく耳にする間取りの失敗は、生活動線を考えずに部屋の配置を決めてしまい、生活しにくくなってしまうというものです。生活動線は日々の暮らしを想像しながら考えなければなりませんが、注文住宅は自由度が高すぎますので、思いつきで配置してしまうことがあります。特に普段家の中で家事をする人が動きやすいようにすることが重要であり、家事をスムーズに行えるように決めていくと満足度が高くなりますので、家事を行う人の意見を参考にしながら間取りを決定するのがお勧めです。収納に関する部分も注文住宅では気を付けたいのですが、それぞれの部屋にどれだけの収納が必要なのかを考慮せずに決め手しまうことが後悔する要因です。

それぞれの場所に必要な広さのスペースを確保し、使い勝手まで考慮しなければなりません。また、普段からよく使うものはすぐに取り出せるように備え付けの収納に設置し、使用頻度の低いものを収納するスペースも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です