二世帯住宅を建設する時の重要なポイントとなるのは建物内の間取りです。二つの世帯の家族が暮らしやすいように設計する必要があります。親の世帯の住む部屋は、できるだけ暮らしやすい場所に作った方が最適です。親世帯が高齢になると階段の上り下りも困難になるので、寝室を1階に設置した方が安全に生活できます。

子供の世帯の部屋は2階に作れば、建物内のスペースを有効に使うことができます。二世帯住宅の間取りを設計する時には、トイレや風呂の位置もしっかりと考える必要があります。これらの施設は家族が毎日使用するので、家の中の使いやすい場所に作った方が良いでしょう。トイレも風呂も1階に作っておけば、日常生活に必要なことが全て1階だけでできるので、高齢の親世帯も暮らしやすくなります。

二世帯住宅では、トイレや風呂などの設備を各世帯ごとに別々に使うこともできます。それぞれの世帯の独立性を大切にしたい場合には、こうした間取りで設計した方が最適です。このような方法でトイレや風呂を設置すれば、掃除もそれぞれの世帯で分担しながらできます。各世帯の独立性を高めるためには、家の中に玄関を2つ作ることもできます。

家の中の間取りも各世帯ごとにはっきりと分離することにより、二世帯住宅で生活しているのにそれぞれ独立した生活をすることが可能です。二世帯住宅で暮らしたいけれど、互いに干渉されることがなく生活したい場合には最適な間取りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です