日本の都市部においては土地の面積が限られていることもあり、狭い土地に戸建の住宅を建てるというケースは珍しいことではありません。近年はより土地の細分化が進んできていることもあり、従来では考えられなかったような狭い土地でも住宅を建てるというケースが増えてきていることも指摘されています。それらの住宅は「狭小住宅」とも呼ばれ、デメリットばかりでなく、狭小住宅ならでは間取りの工夫によって、たいへん快適な暮らしを実現できるような住まいを手に入れている方も多く見られます。狭い土地に立つ狭小住宅ならではの魅力も十分にありますので、これから都市部での家造りを勧めていきたい方は、様々な実例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

一般的な住宅の間取りは、1階にLDKや寝室などに使う洋室や和室を備え、2階に子供部屋となる洋室を2室程度備えているといったプランニングとすることが多いものです。一方で狭小住宅では十分な広さを有する部屋を1つの階層に複数確保することが難しいために、スキップフロアを導入するなど段差のある間取りを取り入れる工夫をしていることが特徴です。スキップフロアにすることで視覚的な上下の広がりが生まれて狭さを感じにくくなるとともに、段差を利用した収納スペースの確保や、ガレージの設置も可能となる場合もあります。居住に必要な部屋の広さを十分に確保した上で、バス・トイレやキッチンなどの水回りをなるべくコンパクトにまとめることや、子供のためのスペースをキッズコーナーとして独立した部屋としないことで、空間の余裕を実現する間取りも人気です。

ぜひ狭小住宅ならではの間取りの工夫で、快適性の高い住まいを実現してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です